太田市 くろさわ歯科

くろさわ歯科クリニック
無痛治療への5つの手法
治療の流れ

当院からのお知らせ、最新情報、院長のこだわり・考えなどをご紹介します。当院のことをもっと深く知ることができます。

院内ツアー

院内を大公開! リラックスできる待合室、キッズコーナー、カウンセリングルームなど、ぜひご覧ください!

診療科目

当院で行っている治療科目のご紹介です。お困りの症状が当院で解決できるかがわかります。

矯正歯科

第2の永久歯とも言われ、まるで自分の歯のように感じられるインプラント。なぜ、よいと世間では言われるのかをご説明します。

矯正歯科

あなたのお子様の歯並びはどうでしょうか?当院では、一生もののキレイな歯並びになれる矯正治療を行っています。お母さんが「おかしい」と思ったときがタイミングです!
矯正治療の流れ
よくある質問

審美歯科

あなたにあった自然な白さを取り戻す治療です。変色してしまった歯、黄ばみが気になる方はこちらをご覧ください。

予防歯科

治療が終わったら、「もう来なくていい」では、またすぐに悪くなってしまいます。美容院に行く感覚で、お口の健康にも時間をかけてください。

予防歯科

歯茎から血が出る、口臭が気になる方は当院で歯周病のチェックを受けてください。位相差顕微鏡で診断し、お薬を使った歯周病治療を行っています。

プライスリスト
自費治療にかかる費用をご案内します。
 
くろさわ歯科ニュース

小児歯科の選び方

小児歯科を選ぶのであれば、子供の歯に対する専門性が重要となります。子供というのは小さな大人ではありませんから、大人と同じ治療をすればいいということにはなりません。子供の歯の治療には子供にあった治療をする必要があるため、小児歯科を選ぶときにも子供の歯の治療が得意な歯科医院を選ぶようにすると良いでしょう。

もちろん、歯科医院は最低限の知識を持っているわけですから、相手が何歳であろうと治療をすることはできます。しかし、専門性の高い歯科医師とそうでない歯科医師では治療結果が大きく異なってくることがあります。

治療を任せるにしても子供の歯の治療のノウハウがしっかりあるクリニックに任せたほうが安心ですから、実績のある小児歯科を選んでみるのが良いでしょう。実績があれば安心して任せることができますし、子供の扱い方が慣れているクリニックであれば子供自身も安心して治療を受けることができます。

保護者の方が気をつけるべきお子様のお口のケア

子供の歯の健康を考えて毎日のケアに気を使っているという保護者は多いものですが、子供には子供にあった歯のケアをしなければいけないということを理解しておくことが大切です。

子供というのは大人よりも虫歯になりやすいので、大人と同じようなケアをしていても虫歯になってしまうことがあります。

このことを理解しないで子供のお口のケアをしていると、せっかく注意を払っていたのに虫歯になってしまったということになりかねませんから、子供にあったケアを考えるようにしましょう。

ケアの方法というのは体質によって変わってきますから、どのようにケアをしていけば良いのか悩んだときには小児歯科でアドバイスをしてもらうという方法があります。歯科医師から直接指導をしてもらうことほど確実な方法はありませんから、子供の口内ケアに悩んだ時疑問に思ったときには小児歯科に足を運んでみるというのも悪いものではありません。

どれだけケアの方法に気を使っていてもその方法が間違っては意味がありませんから、正しいケアの方法を理解するということが何より重要な事になります。

子供の歯を守ってあげるのは保護者の役目でもありますから、大人のやり方をそのまま教えるのではなく子供にあったケアを指導してあげましょう。

歯が生え替わるのは何歳?

歯が生え替わる時期というのは個人差がありますから、人よりも早いこともあれば遅いこともあります。

6歳ぐらいから生え替わることが多いので、目安として知っておくと良いでしょう。あまりに早かったり遅かったりするとどこかに問題があるのではないかと不安になってしまうものですが、4-8歳ぐらいの間であれば早すぎたり遅すぎたりするということはないので心配する必要はありません。

早く抜けてしまったのになかなか新しい歯が生えてこないので心配になってしまうということもあるかもしれませんが、このようなケースに関してもあまり神経質になる必要はなく3ヶ月程度は生えてこないということもありますから様子を見て問題はありません。

半年ほど生えてこないとなると問題があるケースもあるため、小児科で診てもらうのが安心です。生え替わるペースというのは個人差があるということを理解して、心配しすぎないことが大切です。

なかなか生え替わらないと思っていたら、ある時を境に急に歯が生え替わったということもよくあることですから、目安となる時期を知っておき見守ってあげることがポイントになります。その上で極端に早かったり遅かったりするなど気になったときには、専門家に相談をすると安心です。

子供の歯並びは何歳から直せばいいの?

子供の歯並びは何歳から直せば良いのかというと、これは個人差があるので一概に何歳と言えるものではありません。

早めに矯正をした方がいいケースもあれば、逆にしばらく様子を見て状態が安定してから矯正をしたほうが良いということもあるので一概に何歳からというものではありません。

直すのに適した時期に達すれば早ければ早いほど良いので、一番確実な方法としては小児歯科で相談をしていつ頃直したら良いのか相談をすることになります。

歯並びが悪いと容姿に問題がでてしまいますし、歯の健康にも悪影響があり、噛み合わせから体全体の健康を損なうこともあるため子供の将来を考えると適切な時期に治療をしてあげることがベストです。

大人になってから矯正をするというのは大変ですが、子供の頃から矯正をしておけば負担も軽減されますから歯並びが気になる場合には早い段階で小児歯科で相談をしておくのが良いでしょう。

何歳から直せば良いというものはありませんが、相談をする分には早いほうが良いですから少しでも歯並びに問題があると思ったときにはその時点で小児歯科で相談をして、どのようにすれば良いのかいつ頃直し始めればいいのかアドバイスをもらっておくと安心です。

虫歯や歯周病にはさせない! 予防歯科の大切さ

虫歯や歯周病になってしまったときには歯医者で治療をすることができますが、大事なことは病気にならないように予防をすることです。

早期発見早期治療というのは病気を長引かせないために重要なことではありますが、そもそも病気にならなければ治療をする必要もありませんから、健康状態を保つことが何より大事なことになります。

そのためには日頃のケアを丁寧に行うことがポイントになってきますが、個人でできることというのは限りがあり、また適切なケアができているかどうかというのはわかりにくいものです。

特に子供の場合には虫歯になりやすいだけにケアにも細心の注意を払う必要がありますが、しっかりとしたケアをするのであれば予防歯科を受けるのが確実な方法となります。
定期的に小児歯科で検診を受けて歯の状態をチェックしてもらっていれば、虫歯や歯周病になることなく健康的な口内環境を維持することができます。

病気が見つかっても定期的に検診を受けていれば早い段階で治療をすることができますから、状態が悪化しにくくなるので子供の歯の健康を考えるのであれば予防歯科に通うというのはとても意義のあることになります。

病気になってからではなく、ならないために小児歯科につれていくという選択肢もあるということを頭に入れておくと子供の歯の健康を守ることができます。

アクセス
院長紹介
当院の院長であるスマイル・クリエイター 黒澤 忠をご紹介します。
スタッフ紹介

真剣に患者様のことを想うスタッフをご紹介します。素敵で楽しいスタッフばかりです。

無料メール相談

「来院される前にちょっと相談したい」という方はこちらまで。ご遠慮なく、お気軽にご相談ください。

歯科医師求人

真剣に治療をしたい、スキルアップしたいというドクターを募集しています。詳しくは説明ページをご覧ください。

歯科衛生士求人

アシストばかりで「もっと予防に取り組みたい!」と思っている衛生士さんはいませんか? 詳しくは説明ページをご覧ください。

歯科助手求人

当院をよりよくしていくために協力してくれる方を募集しています。短大・四大卒の方も活躍しています。

〒373-0036 群馬県太田市由良町71-10 ●電話0120-18-9638 ●FAX:0276-33-7308
Copyright© 2008-kurosawa-dc.com All Rights Reserved.
Google